長島スパーランドの花火を混雑なく見るには、どうすればいいか。

スポンサードリンク

東に東京ディズニーランド、西にユニバーサルスタジオジャパン。
じゃあ、名古屋には何があるの?

東海地方では、「長島スパーランド」というと、ディズニーランドよりも古い歴史がある遊園地です。

ナガシマの夏を、お得に遊びつくす方法を書いてみます。

長島スパーランドの花火

三重県長島町にある長島スパーランド(ナガシマリゾート)は、

名古屋から近く、大阪からも遊びに行きやすい場所です。

8月の土日とお盆シーズンには、

「花火大競演」

といって、毎回約1500発の花火が打ち上げられます。

長島スパーランドの2017年夏の花火

2017年の夏も、ナガシマスパーランドでは、花火大競演が開催されます。

全国の有名花火師が日替わりで打ち上げるので、何回行っても楽しめちゃいますよ。

日程は、8月中の土日とお盆シーズン、9月の最初の土日です。

具体的な日付は、

2017年8月5日・6日・11日~16日・19日・20日・26日・27日・9月2日・3日

です。

時間は、20時から20時25分です。

雨天は中止なので、心配な時は主催者の情報を確認してくださいね。

長島スパーランドの花火が見える場所

打ち上げ花火は園内のどこからでも見ることができます。

が、仕掛け花火は、芝生広場が一番見やすいです。

時間を見計らって、観覧車に乗るのもいいですね。

カップルやグループ、家族連れにおススメです。

ちなみに、花火開催時の夜間営業は22時までです。

たっぷり、遊べますね。

長島スパーランドの渋滞を回避するには

夏場には、特に人気の長島スパーランドです。朝一番から入ろうとすると渋滞になります。

そこで、渋滞を回避する方法なんですが、

ズバリ、時間をずらす、これが一番です。

暑い夏は、ジャンボ海水プールが人気です。チケットを買うだけでも列ができます。

セブンイレブンなどのコンビニで、事前に入場券を買っておくと、割引も効きます。

また、チケット購入で並ぶ必要もなく、即、入場ゲートから入ることができます。

事前のチケット購入はおススメです。

(駐車場の入場の際の渋滞を避ける方法は、後で書きますね)

スポンサードリンク

長島スパーランドのお盆の渋滞を避ける方法

お盆の熱い時期は、プールも大人気なので渋滞します。

チケット購入の列もできますので、上に書いたように、事前にコンビニでチケットを買っておきましょう。

時間ずらしの方法ですが、朝からプールで遊んだ人は、夜の花火まで残りません。

大体、昼過ぎくらいから帰る人が、ボチボチあります。

15時から夕方ぐらいを目指していけば、

暑さもピークを過ぎていますし、駐車場にも空きができてきます。

お盆の時期は、18時までプールがやっているので、昼過ぎからでも楽しめます。

(詳しい開園時間は、公式サイトで確認してくださいね)

長島スパーランドの割引券をもらっちゃおう

実は、一部の人しか知らない情報があるんです。

長島スパーランドがお得になって、パスポートまでもらえてしまう。

それはね、

「ナガシマリゾートカード」というカードを発行するのです。

現金カードとVISAカードがあります

この会員カードを、ナガシマスパーランドの駐車場に入場するときに提示すれば、

1回1000円の駐車料金が無料になり、お金と券のやり取りも必要ありません。

係員に見せるだけで、スルーできます。

ちょっとしてVIP気分を味わえるので、隣に彼女を乗せていたりするときには

ぜひ持っていたいですね。

クレジットカードなら、1年間に2万円以上の利用があれば

「湯あみの島又は里の湯」利用券×2枚、又は「スパーランドパスポート」×1枚が

もらえちゃいます(^^♪
19時以降の割引入場券は、通常のほぼ半額になります。

乗り物にあまり乗らないのなら、おとくです。

花火を見て、乗り物に乗ろうという、大人の人にはいいですね。

子供にはキツイかな。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする